「毎日」の威力は計り知れない

未分類

「毎日」提出する課題。

なぜ「毎日」なのか考えたことがある?

「〇日までに提出!」ではなく、

「毎日」なのはなぜ?

それは、

「毎日」の威力は計り知れないから。

単語の暗記、用語の暗記、数学の計算。

1日に大量にやるより、

毎日コツコツやったほうがいい。

なぜなら、

人間は「単純接触回数」が多ければ多いほど、覚えられるから。身につくから。

ちょっと難しい言葉を使ってしまった…。

「単純接触回数」というのは、

「その言葉、問題に触れる回数」という意味。

それは、1日の中で何回も触れるより、
毎日触れた方が効果がある。

ほら、みんな、毎日出会う友だちや先生の名前は忘れないでしょ?

毎日テレビで流れる音楽って、自然と覚えちゃうでしょ?

そして、好きなものは毎日(とはいわなくても常に)見ちゃうから、自然と覚えるでしょ?

そういうもの。

だから、覚えたいもの、苦手なものこそ、

「毎日」取り組むべき。

「なぜ、この課題が出ているのか」

「なぜ、こういうやり方でやるべきなのか」

課題を出している人の「意図」を考えて
自ら取り組むことができれば、


「やらされている勉強」から卒業する
第一歩が踏み出せるはず。



あ、これって読解力向上にもつながる?

読解力って、すなわち、
「筆者の言いたいことを読みとる」
力だから。

日常生活から
「相手の言いたいことを考える」
「相手の言動の意図を考える」

これらができている人って強いよね。

国語ができないとお悩みのみなさん。

語彙力をつける、日本語の論理を知る、
そのほかに、

「相手のことを考える」

この癖をつけてみたらどうでしょう?


コメント

タイトルとURLをコピーしました