情報は発信するけど、それだけの話

未分類

・自分のペースで問題を解く
・自分の解けそうな問題だけ解く
・無理のない勉強量をこなす
・好きな教科だけ取り組む

「自分の今の能力の範囲」で勉強に取り組む人。

これ以上、成績が上がると思いますか?


一発屋(1度だけ、良い成績を取れること)
にはなれるかもしれない。
直前に勉強した範囲が出れば、
理社は良い点数が取れますから。

でも、本当の意味で成績は上がらないでしょう。

だって、

自分の今の能力でできることを、
自分のペースで取り組んでいるだけ

なのですから。


本当に成績を上げたいなら?

・少し焦らないと間に合わない位の時間制限
・自分にはちょっと難しいな、と思う問題

・自分には少し多いな、と思う課題の量
・苦手な教科への取り組み

つまり、

「少しきつい」と思う位の
「量」「制限時間」「勉強時間」を設定しろ。

ということ。

それはそうでしょう。
「今」よりも「上」へいきたいのですから。
今までと同じことをしていたら、
「成績は変わらない」わけです。

いや、「変わらない」は違うか。

「学力が変わらない=停滞」ということは

学力が上がった人に
どんどん抜かれていくわけだから、

「成績が下がる」のと同義である。


まあ、このアドバイスを信じて実践するかどうかは、みなさん次第なので。
別に信じても、信じなくても、実践しようが、しまいが、私はどちらでもいい。
「役に立つ」と思う情報をただ発信するだけの話。



小野田



コメント

タイトルとURLをコピーしました